ミライへの地図

40代サラリーマンです。40代のからの学びや体験、悩み、子育てなどを主に綴っていきます。読者の方の学びや気づきのお手伝いが出来たらと思います。

 こんにちはyasuです。

 

 

今日は大人も子供もハマるカードゲームの紹介です。

それは「ドブル」というカードゲームです。

 

 

ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム

ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム

  • 発売日: 2012/06/30
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ自粛で学校が休校になり、退屈している子供達と遊ぶために購入したゲームですがこれが面白くて家族全員で夢中になって遊んでいます。

 

 

このカードゲーム、すごいのが7歳の小学生の息子だけでなく、3歳の幼稚園の息子までルールを

覚えて夢中になって遊んでいることです。

 

 

最近では3歳の息子が「丸いので遊ぼう」とよくせがまれます。ウインク

 

そんなカードゲーム「ドブル」の紹介をしていきます。

 

 

遊び方

 
「ドブル」は8つのマークが描かれた55枚のカードで遊ぶゲームです。
 
 
すべてのカードに他のカードとたった1つだけ共通するマークが描かれており、
それを探すのが目的です。
 
 
描かれているマークは大きさは違いますが色や形はまったく同じです。
 
 
 
 
マークの呼び方は色々あり
 
 
 
青い丸は「哺乳ビン」。
 
赤い丸は「月」
 
緑の丸は「クモ」などです。
 
マークは沢山あるので遊ぶ前に呼び方を共有しておくといいと思います。
 
例えば次の2枚のカードだと、どれが共通しているかわかりますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答えは・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「りんご」が共通していますね。
 
このように共通しているマークを探し出すのが大きな目的です。
 

ミニゲームの解説

 

ドブルには5つのミニゲームがありますが、その中の1つ「ザ・タワー」を紹介します。

 

 

(1)準備

 

このようにカードを各プレイヤーに1枚づつ裏向きに配ります。

残りのカードは中央の表向きの山札として置きます。

 

 

 

 

(2)ゲームの目的

 

できるだけ多くのカードを獲得すること。

 

 

スタートの合図とともに配られたカードを表に向けて山札と共通するマークを探し出し、マークを宣言しつつ山札からカードを取って、自分のカードの上に置きます。同時に見つけた場合は先に宣言したプレイヤーの勝ちです。宣言も同時なら先にカードを取ったプレイヤーが勝ちになります。

 

 

 

 

 

このカードの場合右のプレイヤーは「月」のマークが共通しているので「月」と宣言して中央のカードを取り、自分のカードの上に置きます。

 

左のプレイヤーは「花」が共通しているマークなので「花」と宣言します。

 

 

 

最後に

 
 ドブル」は単純でルールも簡単なゲームです。

上記で説明したミニゲーム以外にも残り4つのミニゲームがあります。

 

5つのゲームをプレイして勝利した回数が多いプレイヤーが勝ちとしてルールもありですが

 

我が家では気に入ったミニゲームを何回もプレイしています。

 

 

最後にこのゲームのオススメポイントを上げておきます。

 

 

  • ルールが簡単。
  • 低学年の子供でも一緒に遊べる。
  • すぐに決着がつくので隙間時間でも遊べる。
  • 盛り上がる。
  • 少人数でも大人数でも遊べる
  • 小さくて持ち運びも簡単。
 
以上が「ドブル」の紹介でした。
自粛疲れの息抜きに最適なので気になった方は是非プレイしてみてください。
 
ではまた。
 

 

ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム

ドブル (Dobble) 日本語版 カードゲーム

  • 発売日: 2012/06/30
  • メディア: おもちゃ&ホビー