ミライへの地図

40代サラリーマンです。40代のからの学びや体験、悩み、子育てなどを主に綴っていきます。読者の方の学びや気づきのお手伝いが出来たらと思います。

留学生のクレームに思うこと。

 こんにちはyasuです。

 今日は勤め先での気になった出来事を綴っていきたいと思います。

 

 

 

増えている留学生アルバイト

 

ここ数年で海外からの留学生が日本に増えてきています。コンビニやドラッグストアなどの店でも外国人がアルバイトとして働く姿を目にする機会も多くなっています。私が勤めているドラッグストアでも留学生アルバイトは増加しており、1店舗で数十人の留学生が働いています。

 

気になったのは彼らの接客に対するお客様の態度です。レジでの打ち間違い、言葉の言い間違いなどにイライラされるお客様が多数おられます。中には、「この人、日本語分かってない」などバカにした言い方をされる方もいらっしゃいます。

 

寛容な社会に

 

もちろん我々雇う側も彼らにしっかりとした教育をしていく必要があります。でももう少し世間は彼らの接客に寛容になってもいいのかなと思います。

 

彼らは慣れない日本語を駆使してレジを打って接客をしています。考えても見て下さい、もし私達が海外で慣れない言語を使って、慣れないレジを打って他国の人を接客している姿を。流暢に喋って接客できかと言ったら、おそらく難しいでしょう。

 

じゃあ接客業なんかに勤めなければいいのではという意見もありそうですが、これからの日本は少子化が進み、労働力人口が減っていきます。彼らの力を借りないと我々が便利で利用しているコンビニなどは人が回らず潰れていきます。

 

将来の日本の労働力は、外国人の力を借りないと回らないです。そんな中でもう少し寛容な社会にならないと働き口として日本を選んでくれる外国人はいなくなってしまいます。そうなると今では当たり前として受けているサービスは質がもっと悪くなっていきます。もう少し彼らに寛容に接してみませんか?