ミライへの地図

40代サラリーマンです。40代のからの学びや体験、悩み、子育てなどを主に綴っていきます。読者の方の学びや気づきのお手伝いが出来たらと思います。

くもん NEWスタディ囲碁 子供でも遊びながらルールを覚える。

 こんにちはyasuです。

もうすぐクリスマスですが、プレゼントで悩んでいる方もいらっしゃると思います。今日は我が家で息子にプレゼントして、息子が遊んでいるくもんのNEWスタディ囲碁について解説いたします。

 

 この囲碁では下記の力が身につきます。

 

  • 論理的思考力が身につきます。
  • 判断力が身につきます。

 

セット内容です。

 

f:id:yasuyasu41:20191112081831j:plain

 

 

 はじめに

 

囲碁ってルールを覚えるのが大変ですよね、過去にヒカルの碁という漫画が売れたので囲碁自体の知名度はありますが、将棋と比べるとやはりマイナーなゲームでルールをよくわかっていない人も多いとおもいます。

 

でも、くもんのNEWスタディ囲碁はルールを知らなくても大丈夫です。このNEWスタディ囲碁は3段階にルールを分けて付属のステップシートで遊びながら少しづつ囲碁のルールが身につくようになっています。

 

初心者に優しい

1・ステップシート

 

f:id:yasuyasu41:20191112004832j:plain

 

このステップシートは6シートもあり、1番目はかんたんな石取りゲームから始まります。初心者同士でもすぐに対戦して遊べるようになっています。小学生低学年の子でも親がルールを説明すれば、すぐに対戦できます。ルールを見て対戦をしていくうちに徐々に囲碁のルールを覚えていきます。

 

2・碁石がずれない

 

f:id:yasuyasu41:20191112005440j:plain

この製品の特徴としては初心者にありがちな碁石を置く場所がわからない、碁石がずれるといった悩みを解決している点があげられます。

 

上の写真にある突起のついた透明カバーを盤の上に載せます。

 

f:id:yasuyasu41:20191112005945j:plain

 

碁石も裏に穴が空いており、透明カバーの突起に碁石の穴をはめて置きます。これで碁石がずれるのを防ぎ、置く場所もわかるというスグレモノです。

 

f:id:yasuyasu41:20191112010155j:plain

f:id:yasuyasu41:20191112010207j:plain

 

版の凸に碁石が収まります。碁石がずれてどこに碁石を置いたのかわからなくなるといった事が解消されます。

 

ステップシートで練習したあと、本格的な囲碁をしたいときはこの透明カバーを外しましょう。外せば9路盤になり本格的なルールで囲碁が対戦できます。

 

動画で解説

 

f:id:yasuyasu41:20191112080213j:plain


NEWスタディ囲碁 石取りゲーム対戦例

 

くもんのNEWステディ囲碁にはステップシートにQRコードがついており、動画で対戦例を見ることができます。これで文字だけでは分かりづらい対戦の仕方をわかりやすく理解できます。付属の解説書にもQ&A集が載っており、初心者の疑問に答えてくれています。

 

残念な点

内容的にはまったく問題なく、楽しく遊べます。一つ残念な点があるとすれば、碁石入れにつける、フタがカチッとしまらない事です。フタをはめるだけなので箱にしまって揺らしたりすると、箱の中でフタが外れて碁石がバラバラになってしまいます。ここだけは使っていて、残念な点ですね。

 

まとめ

このNEWスタディ囲碁は、私が興味本位で購入して、小1の息子と遊びました。もちろん私も息子も、囲碁は何も知らない初心者です。

 

初心者同士でも石取りゲームなどのステップシートで買ったその時から遊べます。息子も囲碁のルールを遊びながらですが、徐々に覚えています。最近では息子に石取りゲームで負ける事もあり、お父さんに勝てた事が嬉しいのか、よく対戦しようと言ってきます。

 

ぜひ囲碁に興味のある方やプレゼント選びで迷っている方は参考にしてみてください。

 

ではまた。