ミライへの地図

40代サラリーマンです。40代のからの学びや体験、悩み、子育てなどを主に綴っていきます。読者の方の学びや気づきのお手伝いが出来たらと思います。

実は恐い。寒暖差アレルギーについて

 こんにちはyasuです。

皆さまは寒暖差アレルギーについて、どれだけ知っていますか?私は恥ずかしながら、つい最近知りました。💦寒暖差アレルギーについて知り、この季節の変わり目の起こりやすいアレルギーを防ぎましょう。

 はじめに

 寒暖差アレルギーとは、季節の変わり目に、花粉症でもないし、家では掃除をしてアレルギーの原因をつぶしていても、鼻水やくしゃみが出る時があります。これは寒暖差が原因の可能性があります。特に日中の気温は暑く、夜は気温が下がって寒い気温差が激しい時は気を付けて下さい。

 

寒暖差アレルギーの症状 

気温差ですが、一般的には7℃以上の差がある時におこりやすいと言われています。気温の差で花の内部の血管を広げて、内部が腫れる事で症状が出やすくなります。寒暖差アレルギーは自律神経との関係があると言われております。自律神経は寒い時には血管を収縮させて体温を一定に保ち、暑い時には血管を拡張させることにより、体温を下げる働きがあります。この律神経が働くのが7℃までだと言われています。

 

寒暖差アレルギーの主な症状は

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、頭痛、蕁麻疹、不眠、疲労感皮膚の乾燥や肌荒れなどがあります

 

症状としてはアレルギー性鼻炎と区別がつきにくいので、このような症状に悩んでいる方は医療機関で診てもらう事をお勧めします。

 

症状が出る時

・暖かい場所から寒い場所への移動。

・暖かくて刺激性のある食べ物を食べた時(ラーメンやカレー)

・冷たい空気を吸ったとき。

 

予防と対策

・気温差を小さくする。

外出時にはマスクやマフラー、コートなどを使い、外の気温や暖かい時間帯の気温との差を小さくしましょう。

・入浴 睡眠

自律神経の乱れはストレスでおこる事が多いです。40℃程度のお湯につかり自律神経を整えましょう。体も温まるので一石二鳥です。体を温めてほぐしたら、しっかり寝て体を休めましょう。入浴剤を使用するのもいいですね。お勧めの入浴剤はこちらのクナイプのグーテナハトです。

ドイツ語で「おやすみ」を意味する名前の入浴剤です。名前だけで眠れそうですね。ヨーロッパで眠りのハーブとして知られている、バレリアンというハーブを使っています。この入浴剤を使ってゆったりと入浴すれば、ぐっすりできそうです。

クナイプ グーテナハト バスソルト ホップ&バレリアン 40g(入浴剤 バスソルト)

クナイプ バスソルト グーテナハト ホップ&バレリアンの香り 850g

・食生活

ショウガやニンニクなどの体を温める食べものを取り、バランスよい食事をこころがけましょう。

・運動

適度に運動をして、筋肉をつける事で体の体温を保つ事ができ、寒暖差から身を守ってくれます。

・対策

寒暖差アレルギーの症状が出た場合の対策ですが、まずは医療機関で診察を受けてください。先ほども書いたようにアレルギー性鼻炎との区別がつきにくいからです。また風邪とも症状が似ているのでこちらも要注意です。

 

OTCで一時的に対応するなら、市販の抗ヒスタミン薬を飲んで対応しましょう。

 

また肌荒れ、乾燥には一般的にはニベアなどの保湿クリームで対応になりますが、この秋に資生堂から「カンダンバリア」という寒暖差による肌荒れに注目した、美容液が新発売されています、敏感肌の方にも優しい低刺激なので、この時期の肌荒れこちらもお勧めです。

ニベア クリーム 大缶 169g

 

dプログラム(d program) カンダンバリア エッセンス 美容液 本体 40mL

dプログラム(d program) カンダンバリア エッセンス 美容液 本体 40mL

 

 

最後に

寒暖差アレルギーは季節によって出てくる症状なので、対応するのが難しいですが、日頃の食生活や睡眠のとり方で予防もできます。しっかりと対策をとって、この季節を乗り越えましょう。