ミライへの地図

40代サラリーマンです。40代のからの学びや体験、悩み、子育てなどを主に綴っていきます。読者の方の学びや気づきのお手伝いが出来たらと思います。

こんにちはyasuです。

今日は水野敬也さんの「夢をかなえるゾウ」という少し前に流行った本の解説をしていきたいと思います。

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

  ドラマにもなった本ですごく有名な本なのですが、恥ずかしながら読んだのは本当に一週間まえと最近なのです。なぜ、読まなかったかといえば、表紙も漫画っぽいし、流行りすぎているから、あえて読まないというひねくれた心から読まずにいたのですが、本当に反省しました。「もっと早く読んでおけばよかった」と思います。ガーン

 

何がいいのかと言えばストーリー仕立てなので読んでいて楽しく、内容が頭に入ってきやすいです。この本はダメダメな僕のところに関西弁を話すガネーシャというゾウの神様が突然やってきて、成功するための教えを与えてくれるという本です。その教えというのが誰でもやろうと思えばできる地味な教えばかりです。

 

ただこの地味な教えの中に人生で役に立つ素晴らしい知恵が沢山隠されています。びっくり

 

ガネーシャの教えはどれもが本当に大切で当たりまえの事なのですが、中々、実行に移すとなると難しいし、恥ずかしくて続かない物もあります。

色々な教えの中でも私個人がすごく好きで大切にしたい教えがあります。その教えとは。

 

「毎日、感謝をする」

 

という教えです。成功してお金や地位がもらえますが、そのお金や地位、名誉をくれるのはほかならぬ他人が自分に与えてくれるものです。当たり前のことですが、他人が与えてくれるという考えには至っていなかったというのが私の現状です。

 

私自身の考えですが、もっと周囲の人にはもっと感謝をしていきたいと思います。決して一人では仕事なんかできません。それこそ社会人になって中間管理職になっている私ですが、ここまでに仕事を教えてくれた先輩や商品を購入してくれるお客様など様様な方の協力を得て、今があります。その事だけでも感謝ですよね。

 

それ以外にも、本当にいい教えが沢山乗っているので、興味のある方は是非読んでみて下さい。爆  笑